趣味に関する情報

履歴書の趣味欄の書き方 

就職や入学試験などに際して提出する履歴書の記入欄のうち、趣味欄は本人の人柄を面接官に知らせる重要なものです。適切な内容と表現方法を選ぶと、短い面接時間のうちに面接官に自分の人となりやコミュニケーション能力をアピールする事ができ、好感を持ってもらえます。このため趣味欄に「なし」と書いてはいけません。無難なものは読書や音楽鑑賞、旅行などですが、この場合質問されて答えられるだけの経験や知識を積んでおくことが必要です。また金融機関などの職種によっては競馬やパチンコなどのギャンブルや株取引などはマイナスイメージを与えるので避けるようにします。

履歴書における趣味欄の書き方 

「履歴書を書く際悩む部分はどこか」という問いに対して多いものが、趣味欄に関する部分です。面接官が貴方に求めているものは何か、ということを考えて書くことがポイントです。面接官が求めているものは、貴方が普段どういったことを感じ、また、考え行動していくのか探りたいのです。ただし、何を書くにしてもただ単語を書けばいいということではありません、例えば「テニス」と書くにしても、それだけでは何も伝わらないでしょう。しかし「テニス(高校生の頃県大会ベスト4進出)」と書くと、面接官が興味を持ちやすくなりますし、経験豊富、努力家であることも認められるでしょう。このように、趣味欄にはただ自分の好きなことを書くだけでなく、少しでも興味を持ってもらえるようエピソードを準備できるくらいのものを記載するようにしましょう。

趣味,同じ